紙のサイズ。

4月、岩手に行ったついでに、宮城県気仙沼市に寄りスケッチをした。気仙沼港の高台にあった緑色の屋根の教会が気に入り、F6紙に描き始める。そして描き上がったが、何かが気に入らない。そう、海の部分が多すぎるような気がするのだ。うーむ、どうしよう?しばらく放っておくことにした。そして3ヶ月が経った頃、F6からG6にしたらどうかと、ふと思い立ち、絵の下の部分を6㎝ほどカットして色を塗り始めた。するとどうだろう、色も塗らずに捨ててしまおうかと思った絵だが、驚いたことに半日ほどで色塗りが終わり、あっという間に完成してしまった。秋のように紅葉していますが、あくまでも4月の絵です!?
c0349438_11462649.jpg
「4月の気仙沼港」 ストラスモアG6+リブ、筆サイン極細+水彩

単に、F6にまとめられなかったということだが、サイズダウンして完成したのだから、それで良しとしよう。ダメな時は大きな紙に描いても小さな紙に描いてもダメなのだから。スケッチに出かけるときはF8、F6、G6、G4の紙を持って行く。現場を見て、まずはF8に描けないか、そうでなければG6×2のパノラマにできないかと考える。だが、気が乗らなかったり時間がない時はF6やG6に、パノラマにできるようであればG4×2ということになる。
気仙沼港を描いた4月、そして5月は珍しく気合が入っていたようで、F8紙に立て続けに描いた。まずは御茶ノ水ソラシティから湯島聖堂を望んで。そばには絵になるニコライ堂もあるが、それには目もくれず(笑)ただし描いたはいいが、緑が多く色塗りは途方に暮れてしまったが。
c0349438_11465279.jpg
「湯島聖堂遠景」 ストラスモアF8+筆サイン細、極細+水彩

5月は、彩の国を描く会で描いた草加市綾瀬川沿いの絵。実はこの絵、バイクが気に入って描き始めたが、止まっていなかったら描くことはなかったろう。ただ、持ち主がいつ帰ってくるかわからないので、急いで描き、そして松、谷古宇橋、ツツジと描き進める。結局、持ち主は描き終わるまで帰ってくることはなくホッとする。最後にみなさんで絵を見せ合う段になって「僕のバイク描いたんですね~!」と、彩の国を描く会のメンバー。「えっ?あっ!なーんだ、そうかー!(草加のシャレ?)わかっていたらもっとゆっくりと、バイクに近づいて描くんだったー!!」もっとも、急いで描いたから時間内にF8に描ききることができたともいえるが…。
c0349438_11472361.jpg
「草加の松」  ストラスモアF8+筆サイン細、極細+水彩

この絵を描いて以来、情けないことにF8には描いていない…。


[PR]
by hiro_dion0210 | 2016-08-04 11:56


<< パノラマ再び! 久しぶり!? >>