桜を描く!


春といえば「桜」ということで、今年も数枚描く。今年の桜は、咲いている期間は長かったものの天候には恵まれず(天候のせいにする!?)やっと描いたという体たらく。
c0349438_10145963.jpg
「桜と増上寺と東京タワー(ペン画)」 ストラスモアF8+リブ、筆サイン極細

3月末、ソメイヨシノはやっと開花宣言をしたばかり。期待せず増上寺へ行くと、境内の枝垂桜はちょうど見ごろとなっていた。これは描くしかない!と描くも、桜のそばにはデンと案内所の建物。この建物を排除するのにかなり手間取ったが、描きたくないものは描きたくない。これは写真ではできない、今更だけど絵ならでの良さだろう。
そしてもう一枚は、ソメイヨシノも終わりかけの4月は第2日曜日、さいたま市市民の森で描いた絵。
c0349438_01154028.jpg
「さいたま市市民の森で(ペン画)」 ランドスケープG4×2+筆サイン極細

この日は、花見には最後の日曜日とあって人出が多い。右の1枚目は午前中に描き、午後からは左側を描こうとしたが、これまた目の前にデンとテントが張られる。さて困った!位置をずらして描くもだんだん合わなくなり、左端に描いた女性二人は描き始めたとたんどこかに行き、しばらく帰ってこない。そんな時、横から自身も絵を描くというおじさんが声をかけてくる。その間も花見客はどんどん増え、おじさんの話も止まらなく、スケッチどころではなくなる。パノラマにする目論みだったが、収集がつかなくなり右の1枚で断念することとした。ということで、今年の桜スケッチ最後は、散る桜のように何か寂しいものになってしまった。この日の5日後に熊本地震が起こる…、合掌。
ペン画だけでは、これまた寂しい気がして色のついたものを1枚。
c0349438_10153174.jpg
「志木市、柳瀬川にて」 ランドスケープG4×2+筆サイン極細+水彩

この絵は、昨年上の絵と同じく彩の国を描く会で描いたもの。右の川から左の桜へと描き進めたのだが、桜の細かさに辟易した思い出がある。しかも、右の絵1枚で良かったのかも?という情けない苦い思いもある。
そして今年も「彩の国を描く会、作品展」が、いつもの場所で開催される。自分は縦パノラマ2点を展示するつもりです。お時間のある方はぜひぜひ遊びに来てください。
c0349438_01185188.jpg


[PR]
by hiro_dion0210 | 2016-04-20 01:26


<< FBかブログか!? 色を塗れ! >>