模写、そして再びの三人会展

寒くて、表でスケッチをやる気にならない冬場の教室では、しばしば絵画や浮世絵などの模写をすることになる。今回は「北斎漫画」から、「風」を扱った2枚を描いた。描いてみてわかるが、改めて北斎のすごさに気付いた(ような、気がした?)。筆とペンの違いはあるだろうが、その流麗な線のなんと見事なことか。打ちのめされつつ、線画を描く楽しさを堪能した。
c0349438_11232511.jpg
         北斎漫画 三編 「風(風神)」
c0349438_11242747.jpg
         北斎漫画 十二編 「風に吹かれる人々」

そういえば以前、浮世絵に刺激を受けたといわれる、ゴッホの絵を盛んに模写をしたことがあった。彼の大胆な線もまた面白く、夢中で描いた覚えがある。しかし模写はしたものの、どこに発表する当てもなく、押し入れの中で眠ったままだった。だが、今回再び行われる「三人会展」で展示するのも良いかな?と考え、3
点ほど飾ることした。その中の1枚              
c0349438_11442976.jpg
「タンギー爺さん」。

今回の「三人会展」DMの絵には「被災地のひまわり」を選びました。12月の展示会で、このポストカードが欲しいというリクエストがあったからです。会場でアンケートに記入いただいた方すべてに、このカードを差し上げています。よろしかったら遊びにきてくださいませませ。        
                   
c0349438_11574023.jpg
c0349438_12003162.jpg

[PR]
by hiro_dion0210 | 2015-02-07 12:12


<< 自画像を描く スケッチ会は続く >>