スケッチ会は続く

「東京スケッチしよう会」は、自分が東京のあちらこちらを描いてみたいというわがままな理由で、SさんやAさんに無理やり(?)参加いただいて立ち上がった会だ。Aさんは母の介護のためしばらくお休みの状態だが、いずれは復活して細密にして情緒のある絵を見せてくれるものと期待している。2年が過ぎ、展示会を開いたことで人数が増えた。喜ばしいことである。「三人会」の二人も巻き込んで、現在は8名で月1回、東京(たまに横浜?)のどこかをうろついている。
今どきの寒い時期、まして雨模様だったりすると、一人だったら絶対に、何があっても断固スケッチになど行かない。軟弱者と蔑まされようが。ところが、仲間が集まるとなるとそうはいかない。特に言いだしっぺとしては「とりあえず行かなくちゃ!」となる。たとえ行って描けなくとも、次回頑張ろうと思えば良いことだ。実は1月のスケッチ会は、まさにそんな状態だった(?)。
この会は別に教室ではないので、教える、学ぶということではないが、中にはその日のみならず、また後日行って描くという方もいて、その日限りの描きなぐりで終わらせてしまう自分にとっては、多分に刺激を受けまくっている。もっともっと描かねば!
3年目となった「東京スケッチしよう会」だが、お互い刺激しあいながら、楽しく長く続けていきたいと思っている。
c0349438_14403717.jpg
                    11月 横浜イタリア山「外交官の家」 ストラスモアF8+リブ・筆サイン極細
なんだかヒッチコックの「サイコ」に出てくる洋館みたいで、怪しげになってしまった。この絵はF6に描いたものをF8に描き直した。
c0349438_14422797.jpg
                     12月 kitte屋上から「東京駅」 ストラスモアF8+リブ。筆サイン極細
この日は風が強く寒い、だからなのか観光客も少なく、警備さんにも叱られることなく、同じ場所で長い時間描くことができた。

[PR]
by hiro_dion0210 | 2015-01-25 15:03


<< 模写、そして再びの三人会展 2015年に寄せて >>