2015年に寄せて

あけましておめでとうございます!
いよいよ2015年が始まったわけですが、年の初めにあたって述べるような高い目標があるわけもない。強いて言えば、1年を何事もなく無事に過ごし、去年より納得できる絵が1枚でも多く描けたら良いかな~。といった程度である。あまりに低い目標に、我ながらあきれるやら悲しくなるやら。しかし今の世の中、以外にも難しい目標かもしれません。なにせ、火山は前触れもなく噴火するし、豪雨はあまりにもいきなりやってくる。そして選挙は藪から棒に行われ、民主党党首や元総理の息子が落っこち、何の関係もないいたいけな(?)絵描きが泣きをみるのですから、何があるのかわかったものではありません。

さて、昨年描いた絵でベストの絵は?と言われたら、久しぶりの全紙に描いたこともあるだろうが、2013年の夏、福島県南相馬市を訪れた時に写真に撮ったものを描いた「瓦礫」であろう。アルシュ全紙+リブ・筆サイン極細

c0349438_22160648.jpg
この絵は、岩手県北上市で行われた「負けねべし2!展」のために描いたものだが、色を塗る時間がなくモノクロで展示した。そしてこれはこれで完成ということにし、もうどこに発表することもないだろうと思っていた。ところが、12月川越の「三人会展」の日数が少なくなることがわかり、3月に再度行われると決まった時に、はたと気づいた。まったく同じものを飾るわけにもいかないし「瓦礫」に色を付けて、改めて観てもらうのはどうだろうか?と。12月の展示後、震災前後の絵に人気が集中したことによって益々その思いを強くした。
「被災地のひまわり」もそうだったが、写真を撮ってペンで描きだすまでは、どうしても1年という時間がかかってしまう。やはり現場に圧倒されてしまうせいからか、撮ってすぐには描こうという気にはならない。なおかつ、この絵は色を塗るまでに半年が過ぎ、完成まで1年半を要した。こんなに時間をかけて描くことは、この先も後もないだろう。そういう意味では、他の絵よりも思い入れの深い絵になったのかもしれない。時間をかければよいというものではないが?

とにかく、3月の川越アトレ「三人会展」で展示します。1年半もかけた大作(?)を、ぜひ観に来てください。
c0349438_23383852.jpg
詳細はまたいずれ。「今年もよろしくお願いします!」


[PR]
by hiro_dion0210 | 2015-01-02 23:45


<< スケッチ会は続く メリークリスマス >>